食事で改善・腎臓病の悩み|サヨナラ辛い症状

ご飯

老廃物となりにくい食事

医者

腎臓は、食べ物が分解されることで出てきた老廃物を、血液からろ過する臓器です。機能が低下すると、老廃物が血液によって全身に送られます。それを防ぐためにおこなわれているのが、腎臓病食による食事療法です。腎臓病食は具体的には、たんぱく質の多い肉類や、塩分の多い調味料の使用が控えめになっている食事です。

View Detail

合併予防と食事

老夫婦

腎臓病と高血圧は密接な関係にあり、食事を通して合併の予防をしながら改善を目指していくことが大切です。ナトリウムの摂取量を減らすのが両者に効果がある方法ですが、禁止するのではなくあくまで量を減らすという視点を持つことが大切です。

View Detail

病食の通販

家族

腎臓病や高血圧の病食を準備するためには成分の制御を行うのが大変になります。しかし、通販で購入することができるようになったことで、患者の症状に応じて適切な成分の調節をした食事を手軽に手配できるようになっています。

View Detail

腎臓に優しい料理

和食

タンパク質の摂取を控える

腎臓は体で不要になった老廃物を排出したり、血圧の調整をする重要な役割を果たす組織です。そのため腎臓の機能が低下して腎臓病になった場合は、腎臓に負担をかけない食事をして、腎臓の機能を高める事が大切になります。腎臓に負担をかけない食事としては、タンパク質の摂取する量を減らす事が好ましいです。腎臓病の人がタンパク質を過剰に摂取すると、老廃物をろ過する量が増えて腎臓の負担が増えます。そのため腎臓病の人は食事でタンパク質の量を減らし、他の栄養で補う事が重要です。タンパク質は肉や魚に多く含まれていますが、大豆にも多く含まれているため注意が必要です。タンパク質を減らすとカロリーが少なくなるケースが多いため、一日に必要なエネルギーは十分に取るようにする事が大切です。

塩分の量を減らす

腎臓病になった場合には、タンパク質と一緒に食塩の量を減らす事が重要になるため、薄味の食事を作る事が肝心です。食塩の量が増えると血圧が高くなり、腎臓の負担が大きくなるため、日頃から薄味の食事に慣れる事がポイントです。加工食品には多くの塩分が含まれているため、食事では加工食品を使用する事を控える事が望ましいです。また漬け物や味噌汁には多くの塩分が含まれているため、量を減らして摂取する塩分を減らす事が大事です。調味料は酸味のある味付けにする事で、美味しい料理を作る事ができるため、腎臓病の人は料理の味付けを変える事が推奨です。腎臓病の症状が進行すると、カリウムや水分の量を減らしていく必要があるため、そういった場合は腎臓病の治療食を利用すると便利です。